大学 私立 /東京都

武蔵大学 むさしだいがく

武蔵大学 紹介ムービー

武蔵大学 ―ゼミの武蔵―

都心にありながら、緑豊かなキャンパス

歴史ある建造物と最新の設備が整った近代的な施設が共存。ワンキャンパスで全学部が4年間学びます。

武蔵大学 紹介ムービー

各学部の特色に合わせた グローバルコース

学園のシンボル・大講堂

1928年建築で、日比谷公会堂や大隅記念講堂を手掛けた佐藤功一氏による設計。入学式など、さまざまな行事の際に利用される重厚な雰囲気の建物です。2階には武蔵学園記念室があり、学園の歴史を紹介しています。

キャンパス内で留学体験ができる“国際村”

外国語や異文化を楽しみながら学べる国際村「Musashi Communication Village(MCV)」は、英語が公用語。少人数の英会話レッスンや、外国語学習カウンセリングなど多彩なプログラムを用意しています。

武蔵大学 紹介ムービー

武蔵大学のオープンキャンパス ゼミの武蔵

オープンキャンパスの会員評価

雰囲気
4.4
イベントの内容
4.1
スタッフの対応
4.5
施設設備
4.2
おススメ度
4.1

Pick Up

“グローバル市民”を育成する、武蔵のゼミ

本学の特長は、1年次から4年間全ての学生が必修の充実したゼミ教育にあります。平均15名前後の少人数で開講されるゼミは毎年400以上。ゼミでは特定のテーマについて発表・ディスカッションを繰り返しながら学び、学生は教員や仲間との対話を通じて物事の本質を見極め追究していきます。

また、国際化への対応として学力や興味に合わせて外国語学習や異文化体験ができる環境を推進。多文化共生、他者理解の視点を備えた「グローバル市民の育成」に力を注いでいます。

各学部独自のプログラム・コース

●ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム(PDP)
経済学部生対象。ロンドン大学と武蔵大学の授業を本学で受講し、すべての試験に合格すれば2つの大学の学位を得られるものです。ロンドン大学の経済経営学士号を国内で取得できる、日本初の取り組みです。

●グローバル・スタディーズコース(GSC)
人文学部生対象。高い語学力と異文化理解力を養う少人数の特訓コースです。授業のほとんどを英語で行う学科共通の英語プログラムの他、ドイツ語、フランス語、中国語、韓国・朝鮮語の各プログラムがあり、いずれも半年〜1年間の留学を推奨しています。

●グローバル・データサイエンスコース(GDS)
社会学部生対象。新時代の世界共通語である「データ」と「英語」のスキルを磨くコースです。1年次の英語集中トレーニングで語学力を高めながら、高度なデータ分析法を習得。2〜3年次には留学や国際ボランティアなど学外での経験を積みます。

設置学部・学科(定員)【2020年度】

費用・奨学金情報

2019年度納入金(参考)
全学部 1,338,900円
※委託徴収諸会費28,900円含む
奨学金制度
給付型のオリジナル奨学金をはじめ、多彩な奨学金制度を整えています。また、学業以外の優れた活動に対して支給する奨学金制度もあります。
●給付/給付奨学金、特別奨学金、学生国外留学奨学金、課外活動奨励奨学金、学生海外研修奨学金、地方学生奨励奨学金、提携教育ローン金利援助奨学金、野澤奨学金
●貸与/日本学生支援機構奨学金、地方公共団体奨学金 ほか
授業料減免制度
武蔵大学私費外国人留学生授業料減免規定、武蔵学園東日本大震災被害者学費等減免規定

就職情報

就職基本データ【2019年3月卒業生】
卒業者数
1082名
就職者数/
就職希望者数
992名/1012名
就職率
98.0%
進学者数
26名
留学者数
−名

学生数

学生数
学生総数 4726名(男子2548名/女子2178名)/新入生総数 1019名
学生男女比率
男子 53.9% 女子 46.1%

キャンパス所在地

東京都練馬区豊玉上1-26-1
  • 池袋より西武池袋線で6分「江古田駅」、
  • 新宿より都営大江戸線で14分「新江古田駅」、
  • 渋谷より東京メトロ副都心線で21分「新桜台駅」、
  • 各駅下車徒歩約7分
JR中央・総武線「中野駅」「高円寺駅」、JR山手線「目白駅」よりバスもあります。

お問い合わせ

この学校を見た人が見たほかの学校

最近チェックした学校