大学 私立 /福岡県

九州共立大学 きゅうしゅうきょうりつだいがく

経済学部 地域創造学科

九州共立大学経済学部 地域創造学科の学生を紹介いたします。
地域創造学科
[福岡県 東海大学付属福岡高等学校 普通科 出身]
宮崎 征也さん
僕の実家は造園業を営んでいます。そのため僕は、九州共立大学に通いながら、休みの日は家業を手伝うことにしています。九州共立大学での4年間でさまざまなこと経験し、後々は父の後を継いで経営者になるのが目標です。
地域創造学科はとても実践的な講義が多く、家業にも役立てられる学びが多いのが魅力。特に好きなのは実習で、子どもたちと一緒に町の安全マップをつくったり、地域の商店街の方々とプロジェクトに取り組んだり、講義を通じて地域に貢献できるのもうれしいです。以前は人と話すことが苦手だったのですが、様々な人たちとの交流によって、いつの間にか初対面の人とも自然に打ち解けられるようになり、コミュニケーション能力も高まりました。
 また経営に役立つように簿記の資格を取得し、現在もさらに上級の資格を目指して勉強中です。同時に地域に根差し、貢献できる経営者となるために、人間力も頑張って磨いていきたいです。

---------------------- 
地域創造学科
[福岡県 八幡南高等学校 普通科 出身]
近藤 花梨さん
中学・高校時代は人見知りだった私ですが、九州共立大学へ入学後、講義で折尾の街に出てプロジェクトに取り組んだり、「九州ぎょうざ祭りin北九州」の運営に参加したり、地域の方々のなかで役割を担い、関わらせていただく機会が増えました。
たくさんの方々との出会いで人と人との交わりの面白さを知り、私自身も多様な目線で物事を考察できるように変われました。
もっと新しい自分になれるよう心がけているのは、軽いフットワークでいろいろな場所に足を運んでみることです。時間に余裕のある大学生だからこそできることにチャレンジしたいです。
特に今は趣味の演劇に熱中しています。その関係者の方々と意見交換をすることは刺激になりますし、大学の学びにフィードバックできます。将来はこの経験をいかし、地元・北九州で演劇をテーマとした街づくりをしたい。そんな夢を描いています。

経済学部地域創造学科トップページ⇒http://www.kyukyo-u.ac.jp/guidance/economics/c10.html

経済学部 経済・経営学科

九州共立大学経済学部 経済・経営学科の学生を紹介いたします。
経済学部 
経済・経営学科
[福岡県 自由ケ丘高等学校 普通科 出身]
大鹿 玲華さん
高校生の頃から公務員になりたいと考えていた私に、先輩や先生方が勧めてくださったのが九州共立大学です。公務員養成に力を入れた講義があり、就職率も高いと聞いて入学を決めました。
学生生活では、大学祭実行委員会やオープンキャンパスのスタッフなど、さまざまな活動に積極的に参加することを心がけてきました。九州共立大学の魅力を学外に広く伝えることはやり甲斐があります。同時に何事も最後まで諦めずにやり遂げる姿勢やリーダーシップが身につき、内面から成長できたと思います。
先生方は学生1人ひとりに向き合い、目標に対して全力でサポートしてくださる方ばかり。今後も簿記や英検の資格を取得しながら実力を高めていきたいです。そして社会に出たら、仕事をつうじて女性の活躍の幅を広げていけるよう頑張ります。

経済学部経済・経営学科トップページ⇒http://www.kyukyo-u.ac.jp/guidance/economics/

スポーツ学部 スポーツ学科

九州共立大学スポーツ学部 スポーツ学科の学生を紹介いたします。

スポーツ学科 スポーツ教育コース
[福岡県 宗像高等学校 普通科 出身]
杉田 陸斗さん
九州共立大学は、先生方が学生にたくさんの機会やチャンスを与えてくれる大学です。先生に勧められて参加した小学校の水泳の授業サポートでは、子どもと過ごす時間を最高に楽しめている自分に気づけました。もともとは中学か高校の体育教員を目指して入学したのですが、これをきっかけに将来の目標を小学校の教諭に変更。今は、他大学の通信教育を受けて小学校教諭免許を取得できるという、大学のシステムにも助けられています。
新しい自分と出会うためには、自分にとって大事な「芯」となる何かを発見することが必要です。そのために今は、あらゆることを良い機会と捉え、経験を重ねることが大切。そこから得た「気づき」にも着目しています。これからも多様な引き出しを持ち、経験を未来にいかすことを意識して、成長を続けていきたいです。

スポーツ学部スポーツ学科トップページ⇒http://www.kyukyo-u.ac.jp/guidance/sports/

広大な敷地に近代的な施設・設備を有するキャンパス

環境に恵まれた緑豊かで広大なキャンパスには大学生活やクラブ活動に必要な近代的な施設・設備が整っており、充実した学生生活を送るのに最良の環境です。今後も施設・設備の大規模な充実を計画的に行っていきます。

Pick Up

スポーツ栄養研究センター 2020年月誕生

スポーツ栄養研究センターは、本学のスポーツ学部スポーツ学科と、系列校である九州女子大学の家政学部栄養学科が連携し、プロアスリートのようなパーソナルな身体づくりと栄養管理の課題を解決する、日本有数の画期的な施設です。
栄養学科では個々の学生アスリートのための「食事・栄養面の管理と食事メニュー作成」を行い、スポーツ学科ではその食事メニューを摂取した解析データをフィードバックしながら「競技種目に合わせた身体づくり」をバックアップ。学生アスリート自身の「栄養」と「身体づくり」について意識改革と自立を促し、セルフコントロールできるトップアスリートを育成します。
アスリート専用メニューを備えた新食堂や、学生が気楽に管理栄養士に相談できるスペースもオープン予定です。

設置学部・学科(定員)【2021年度】

費用・奨学金情報

【2021年度納入金予定】
経済学部1,093,660円 スポーツ学部1,343,660円
※入学金、授業料、施設設備費、学友会費など含む
【本学独自の多種多様な奨学金】
学力特待生制度(学期毎の審査により最大4年間)
※下記の〔K-CIP特待〕〔一般特待〕は出願時に選択になります。
【K-CIP特待】*K-CIP受講必須
SA特待生:入学金及び学納金全額免除 A特待生:授業料全額免除 B特待生:授業料半額免除 更にK-CIP履修料全額免除
*一般選抜〈学力特待〉、大学入学共通テスト利用選抜〈学力特待〉において優秀な成績をおさめ、下記のいずれかの条件を満たす者で、かつ目標達成のために大学が用意する講座、プログラム等に積極的に参加し、他の学生の模範となる者
1)中学校又は高等学校教諭を目指す者(経済学部経済・経営学科、スポーツ学部スポーツ学科) 2)公務員を目指す者(経済学部地域創造学科、スポーツ学部スポーツ学科)
【一般特待】
A特待生:授業料全額免除 B特待生:授業料半額免除
*一般選抜〈学力特待〉、大学入学共通テスト利用選抜〈学力特待>において優秀な成績をおさめ、下記のいずれかの条件を満たす者で、かつ目標達成のために大学が用意する講義、プログラム等に積極的に参加し、他の学生の模範となる者
1)優良企業への就職を目指す者 2)アスレティックトレーナーを目指す者(スポーツ学部スポーツ学科)
資格保有者優遇制度
日商簿記検定2級以上、全商簿記実務検定1級のいずれかの資格保持者で、本制度を希望し経済学部の学校推薦型選抜〈一般〉に合格すれば入学金全額免除、但し合格した場合、必ず入学すること。(専願制)
沖縄県出身者入学金免除制度
沖縄県の高校出身者は、入学金全額免除
学力特待生制度(在学生枠)(学期毎の審査により最大3年間)
【K-CIP特待】2019年度入学生より適用 *1年次よりK-CIP受講者対象
SA特待生:学納金全額免除 A特待生:授業料全額免除 B特待生:授業料半額免除
上記に加え2〜4年次のK-CIP履修料全額免除
【一般特待】
〈学業優秀型〉
A特待生:授業料全額免除 B特待生:授業料半額免除
〈学生スタッフ型〉
B特待生:授業料半額免除
その他
「福原学園同窓生子女優遇制度」「兄弟姉妹助成制度」「学力奨学生制度」「福原弘之奨学生制度」「九州共立大学小学校教員養成プログラム奨学生制度」など

※2020年度入試

就職情報

就職基本データ【2020年3月卒業生】
卒業者数
548名
就職者数/
就職希望者数
497名/511名
就職率
97.2%
進学者数
37名

学生数

学生数
学生総数 2,414名(男子1,908名/女子506名)/新入生総数 648名
学生男女比率
男子 79% 女子 21%

キャンパス所在地

福岡県北九州市八幡西区自由ケ丘1-8
  • JR「折尾駅」(北口下車)から本学まで徒歩15分。西口よりバスで7分、「九州共立大前」下車(浅川経由のバスはいずれも可)

お問い合わせ

807-8585 福岡県北九州市八幡西区自由ケ丘1-8
入試広報課
TEL:093-693-3305 / FAX:093-693-3204

この学校で学べる学問

この学校を見た人が見たほかの学校

最近チェックした学校