学びたい学問から大学・短大を探す 学びの分野を知ろう

【理容・美容系】
理容・美容分野

シャンプー、カット、ブローなどの実習を中心に、理・美容に関連するさまざまな知識を学び、国家資格の取得を目標とする。
動画で学問紹介を見る この分野が学べる学校を見る

どんな学科がある?

理容科、理容師科、美容科、美容師科、トータル美容科、トータルビューティ科など

どんな分野?

高度な知識と技術、豊かな人間性を有する理容師、美容師を養成する。理・美容に関する専門科目だけでなく、各々独自の関連科目を習得し、受験資格を得ることが目的。
理・美容科いずれも2年間で2,000時間前後もの授業を履修する。科目は必修、選択必修に分かれる。このところ、ネイルアートやメイクアップ、エステティックなども含めて習得する専門学校が増えてきている。

どんなことが勉強できる?

■美容科
必修科目ではカッティング、シャンプー、ワインディング、カラーリング、ブローなどの技能を学ぶ美容実習が中心。加えて美容保健、衛生管理、関係法規・制度、美容物理・化学、美容文化論、美容技術理論、美容運営管理などの科目を学ぶ。選択必修科目は学校によって内容が異なるが、パソコン操作、英会話、簿記、運営管理、精神衛生学、装飾概論、芸術関係論、美容心理学などの科目を履修する。

■理容科
必修科目ではカッティング、シャンプー、シェービング、パーマ、セットなどの技能を学ぶ理容実習が中心。加えて理容保健、衛生管理、関係法規・制度、理容物理・化学、理容文化論、理容技術理論、理容運営管理などの科目を学ぶ。選択必修科目は学校によって内容が異なるが、英会話、造形心理学、社会福祉、カラーコーディネート、茶道・華道、エステティック技術などの科目を履修する。

理容・美容分野

あなたの周りの理容・美容分野

理容院や美容院で使用されている椅子の値段は意外と高い。50万〜100万するものも珍しくないという。端正なフォルムはもちろん、くつろぎのひとときを過ごすためには極上の座り心地が求められるからだ。メーカー側も、多様なバリエーションの中から選択してもらえるよう工夫している。理容師・美容師として技術を高め、自分の店を持つのは大きな夢だが、設備にかかるお金は予想以上かもしれない。

動画で解説

この分野が学べる学校を見る