留学サーチ

 オススメ留学関連機関を見る
学費

留学費用は、大きく分けると、渡航前にかかる費用と渡航後にかかる費用の2つに分けられます。
渡航前にかかる費用については、情報収集や入学手続き、語学試験などがあります。
準備段階で、いろいろと工夫することによって節約する人もいます。

渡航後にかかる費用については、往復旅費、授業料、その他の学校関係の諸経費、滞在費(住居費、食費、交際費など)が必要となります。
そのトータルは、留学先の国や地域、学校のタイプ、留学期間、滞在施設、さらには個人のライフスタイルや生活パターンなどによって大きく変わってきます。留学を終えるまでに、どのくらいのお金が必要になるか、おおよその予算を立てておきましょう。

留学の費用

1年間あたりの留学費用の例
【アメリカ】
約300〜350万円(都市部)
約250万〜300万円(地方)
【イギリス】
約300〜400万円(都市部)
約250万〜300万円(地方)

アメリカ アメリカ

授業料は、州立か私立かによって差が生じます。
ただし、アメリカは良い大学ほど学費が高い傾向にあり、トップ校における学費は、州立も私立もあまり差はありません。
また、都市部か地方かによっても大きく変わります。
授業料が高い大学は$30,000〜40,000程度、安い大学では、$7,000〜8,000くらいです。

イギリス イギリス

イギリスの大学はほとんどが公立なので、授業料に大学ごとの差はあまりませんが、分野によって差が出てきます。
年間の目安は、文系が£7,000〜、理系が£7,500〜、医学系が£15,000〜。ファウンデーション・コースは£4,500〜です。
留学生の場合、図書館や研究室、スポーツ施設など学生生活に関連するその他の費用や、書籍代など特性の経費を追加で支払う場合もあります。

カナダ カナダ

州や学校、専攻するコースによって異なりますが、年間の授業料は約C$7,000〜17,000程度。
これに、教科書代などが別途C$1000〜3000ほどかかります。
一般的に留学生の授業料は、カナダの学生よりも高額に設定されています。
カナダの場合、同じ学校でも、夏期はさまざまなプログラムが組まれ、受講希望者が多いプログラムだと、 他の期間よりも料金が上がることがあります。

Top