将来やりたい仕事は?仕事図鑑

ワクワクできる仕事を探してみよう!
どんな職業? どうすればなれる?
キャリタス進学ではそれぞれの仕事の代表的な内容と、就き方を紹介しています。

パークレンジャー

どんなことをするの?

日本各地には、豊かな自然が残されている国立公園が点在しています。そうした公園内の自然や環境を保護・管理し、目的にふさわしい利用がなされるよう監督・指導するのが、パークレンジャーの仕事です。

ここで活躍

公務員として、環境省が設置する全国7ブロックの地方環境事務所や、その出先機関である自然保護官事務所に勤務します。主な仕事は、国立公園の自然保護のための企画や調査。公園内をパトロールして、希少動物の保護・増殖や公園の美化清掃、痛んだ自然の再生作業などを計画・実施します。また、自然を破壊しないよう開発事業者を指導するのも大切な仕事です。このほか、自然観察会などのイベントも企画・実施します。          
なるにはこれが必要!
環境省の自然環境局で働く技術系職員として採用され、そこから一部がパークレンジャーになる場合が多いようです。入職するには、国家公務員試験の総合職や一般職に合格しなければなりません。実際にこの仕事に従事しているのは、大学や高校で林学や造園、環境科学、都市計画などに関する学問を学んだ人が多くなっています。

これを知っておくと役立つ豆知識

公務員のため、国立公園のパークレンジャーになっても、通常2〜3年のサイクルで全国的な異動があります。ときには環境省本省で、自然保護行政や地球的規模の環境問題に関する仕事に従事する場合もあります。

問い合わせ

環境省自然環境局
TEL 03-3581-3351(代)
公益財団法人 日本野鳥の会
TEL 03-5436-2620 
FAX 03-5436-2635
(採用について)
環境省大臣官房
TEL 03-3581-3351(代)
(公務員試験について)
人事院各地方事務局(所)
人事院関東事務局
TEL 048-740-2001(代)

この職業になるには