大学・短期大学の学問を知ろう

電気・電子・情報工学系電気・電子・情報工学系→電気・電子・情報工学系その他

これまでにない新しい視点から総合的に電気・電子工学を研究し、現代社会における応用力を習得。

この学問を学べる大学・短期大学を探す

どんな学科がある?

コンピュータ・メディア工学科、コンピュータ応用学科、システムコミュニケーション工学科、システム電子情報学科、情報科学科、情報環境デザイン学科、情報システム学科、情報システム工学科、製造技能工芸学科、電子システム工学科、福祉生体工学科、メディア画像学科など

どんな学問?

■コンピュータ・メディア工学
コンピュータのハード・ソフト・システムをトータルに学び、応用能力を養う。自然言語や画像・音声など表現と理解に関するメディア技術にも重点を置く。

■コンピュータ応用学
身近な世界から高度の専門領域まで、あらゆる問題解決の武器となりうるコンピュータを自在に活用する技術・技能を身に付ける。

■システムコミュニケーション工学
コンピュータの応用技術を修得し、それを生かすためのコミュニケーション能力を養う。

■システム電子情報学
エレクトロニクスを常に具体的な用途をもったシステムの構成技術という観点からとらえる。構成技術がどのように使われているかを明確にイメージしながら、工学のための基盤技術としてエレクトロニクスを研究する。

■情報システム学
通信技術の開発、情報管理の方法論などを中心に情報システムの開発研究に携わる。

■情報システム工学
世界最速プロセッサや携帯電話のセキュリティ開発、次世代ネットワークの通信技術など、情報を身近に便利に活用するための最先端技術を研究する。

どんなことが勉強できる?

■コンピュータ応用学科
コンピュータ操作をはじめ、情報処理、プログラム開発、回路技術、通信・ネットワーク、発展情報処理などの分野を学ぶ。

■情報システム学科
ハードウエアの基礎から日常生活におけるIT活用まで、広範囲にわたる専門分野から興味や関心に応じて科目を履修する。

■情報ネット・メディア工学科
インターネットや携帯電話などの原理や応用に関するネットワーク工学と、音楽・画像・CGなどの表現および処理技術に関するマルチメディアの2分野を学ぶ。

■製造技能工芸学科
製造全般の基本となる実験・実習と理論を通してものづくりの基礎を学び、コスト意識、企画力、管理能力などを修得したうえで、英語やコンピュータ、工業数理など幅広い学問を履修する。

■電子システム工学
半導体・材料、計測・制御、通信・情報、コンピュータ、環境・エネルギーなど広汎な領域にわたる科目を学ぶ。さらに、半導体素子・回路とソフトウエアを組み合わせた技術や、燃料電池などの注目の関連領域など最新の課題にも対応する。

■福祉生体工学科
医用電子工学や福祉工学に関する科目をベースに、解剖学や病理学、生理学などの医学系知識、臨床心理学や保健衛生、カウンセリングなどの福祉系知識も習得する。

■メディア画像学科
イメージ情報、コンピュータグラフィックス、画像システム、光メディアシステムなどの周辺分野を含めた幅広い分野を学ぶ。

あなたの周りの電気・電子・情報工学系その他

理工農系学部で実施されている技術者教育プログラムが国際社会の要求水準を満たしているか。また、修了生の能力が国際レベルにあるかといったことを評価・認定する機構が日本技術者教育認定機構(略称:JABEE)だ。設立は1999年とまだ日は浅いが、その存在は国際的にも認められている。2009年度までに、163教育機関の424プログラムを認定したほか、認定プログラムの修了生も累計12万人にもおよぶという。

この学問を学べる大学・短期大学を探す