• 専門学校

岐阜県認可の専修学校/国土交通大臣指定航空従事者養成施設指定校 /岐阜県

中日本航空専門学校

ANA・JALと提携し、一等航空整備士を養成

ANA・JALと提携し、一等航空整備士を養成

〒501-3924 岐阜県関市迫間1577
広報課
TEL:0120-252159 / FAX:0575-22-9816


デジタルパンフ

学生募集要項 2020

オープンキャンパスの会員評価

わが校の特徴・特色

航空整備士の国家資格を、在学中に実地試験免除で取得できる。

本校は、在学中に実地試験免除で航空整備士の国家資格を取得できる国土交通大臣指定 航空従事者養成施設指定校。タービンエンジンを搭載した小型飛行機の航空整備士ライセンスを取得できるのは本校だけ。また、2018年4月入学生より、ANA・JALと提携して、一等航空整備士の取得を目指すコースをスタートしました。
※イカロス出版「航空整備士になる本 【改訂版】」(2017/05/29発売)


新校舎が完成。2017年4月より教育開始。

2017年4月より、航空生産科・エアポートサービス科の新教育棟で教育を実施しています。より広く充実した環境で、最新の教育を受けられます。また、新たに客室モックアップ・空港カウンターモックアップを設置。空港で実施する6ヶ月間のインターンシップだけでなく、学内でも高度な接遇教育を受けられます。


ANA・JALなど、大手企業への就職に強い。

ANA・JAL、三菱重工業や川崎重工業など、大手航空関連企業への就職に強いのが本校の特長。2019年3月卒業予定者において、航空整備科では57名がANA・JAL系企業に内定。航空生産科では、卒業生の約5人に1人が三菱重工業、川崎重工業、IHIへ就職内定。エアポートサービス科においては、ANA・JAL系企業への就職内定率70%以上を4年連続で達成しています。

フォトギャラリー

エアラインと提携して大型機の整備士を養成しています。

一覧はこちら

費用

■2020年度納付金

3学科共通 1,210,000円
※学費以外で入学時に学生会費、教育後援会費、教科書・工具・制服などの費用として約100,000円〜130,000円が必要となります。

■奨学金制度

〈特待生選考試験制度〉
 本校特待生 :420,000円免除(1年次授業料全額)
 航友会特待生:250,000円免除(入学金全額)
 鵬志会特待生:125,000円免除(1年次授業料から減免)

〈ジュニアマイスター奨学金制度〉
 ゴールド:250,000円免除(入学金全額)
 シルバー:125,000円免除(入学金半額)

〈有資格者奨学金(航空生産科・エアポートサービス科が対象)〉
 英検2級以上・TOEIC600点以上:200,000円免除(1年次前期学納金より減免)
 英検準2級・TOEIC500点以上:100,000円免除(1年次前期学納金より減免)

<修学支援奨学金制度>
 学納金の半額を免除※
 ※対象者については募集要項または本校WEBページをご参照ください。

<卒業生子女奨学金制度>
 250,000円免除(入学金全額)

<同窓生推薦奨学金制度>
 125,000円免除(入学金半額)

<教育後援会奨学生制度>
 200,000円(当該年度に支給)※
 ※平成31年度の実施は未定です。

<日本航空技術協会奨励金制度>
 120,000円(当該年度に支給)

学校データ
【2018年4月 現在】

設立年

1970年

学長・理事長

校長 安藤 弘治

学生寮

奨学金制度

給付 有、貸与 有

授業料減免制度

海外留学・海外研修制度

専門士を取得できるコースがある

備考

・本校は「国土交通大臣指定航空従事者養成施設」指定校
・文部科学大臣認定 職業実践専門課程
・2018年度 就職内定率:100%
・2018年度 航空整備士資格合格率:100%

キャンパス所在地

岐阜県関市迫間1577
「名古屋駅」より名鉄犬山線「新鵜沼駅」下車、無料スクールバスで20分

MAPを開く

オープンキャンパスの会員評価

最近チェックした学校