編集部がお届けする教育ニュース

  • 活動

2020/1/8

「サービス創造大賞2019」受賞者が決定

千葉商科大学は、「サービス創造大賞2019」の受賞者を決定した。
課題は「あったらいいな、こんなサービス」で、今回は645作品の応募が寄せられた。すでに開発されていたりサービスが開始されていたりする作品が多く、審査の結果、大賞および優秀賞は該当なしと決定。目の付けどころのよいアイデアが特別賞とされ「高齢者による保育サービス」「勝手に分別くん」「飲酒運転予防ちゃん」「自宅で投票!選挙アプリ」の4点が、また高校賞として「自転車の鍵抜き忘れ防止システム」「道路のセンサー」「宅配業者の人手がたりない?!」「道路に車を止めさせない」「山登りペット」の5点が選ばれた。

●詳細:
https://mit.prof.cuc.ac.jp/fsiblog/taisyo-2019-4