受験のプロが語る!2019年度大学入試の傾向と志望校選びのポイント

入試改革の柱として初めて実施される大学入学共通テスト、そして暮らしや経済を急変させた新型コロナウイルス。
これらは2021年度の入試にどんな影響を及ぼすのでしょうか。模擬試験などから浮かび上がってきた受験生の動向について、
駿台教育研究所 進学情報事業部の石原賢一部長にお話をうかがいました。

2021年度入試、受験生はこう動く

難関大学を目指す人と推薦入試を選択する人との二極化

2021年度入試では、受験スタイルの極端な二極化現象が起きると思います。新型コロナウイルス感染症拡大によって、文化祭や体育祭、インターハイなどが中止や規模を縮小しての開催となり、受験生にとっては皮肉なことに、受験勉強に専念できる時間と環境が生まれました。難関大学を目指す成績上位層は、1つでもランクの高い大学を目指そうという傾向にあります。その一方で、中堅クラスやそれに続くレベルの大学を目指す“ボリュームゾーン”と言われる受験生の中には、一般選抜を敬遠して学校推薦型選抜や総合型選抜を選択する人が多くみられます。

駿台教育研究所進学情報事業部長 石原賢一氏

ネットワーク環境の良し悪しが、地元大学志向を加速させる

2021年度入試でもう1つ想定されるのが、極端な地元志向です。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、2020年度入試を経て地方から大都市圏の大学に進んだ人の多くは、下宿(住まい)の貧弱なネットワーク環境の中でリモート講義を受けざるを得ない状況になりました。対して地元の大学に進学した人は、リモート講義を受ける環境を整えるのに、さほど苦労しなかったようです。都市部の人口過密地域よりも地方都市のネットワーク環境がより良好なことがあるからです。こうした先輩たちを知る受験生の地元志向はさらに強まりそうで、駿台が実施した模擬試験でもその傾向が出ています。北海道であれば札幌市周辺、東北なら宮城県、九州は福岡県にある大学を志望する人が多いようです。

コロナ禍で進んだリモートワークは今後さらに進展し、地方の雇用環境は改善されていくはずです。すでに東京や大阪の本社を地方都市に移す動きも出てきています。そうした社会の変化の兆しも、受験生の目を地元大学に向けさせているのだと思います。

ただ、地元大学を考えている人であっても、関東圏や関西圏の大学にも興味を広げておいてもらいたい。中でも北海学園大学、東北学院大学、広島修道大学、福岡大学といった大学は、多くの志願者を集めそうで、激戦も予想されるからです。

上位校志願者を除き、経済・経営・商学系の人気は下降

系統別では、上位校を志願する層と中堅クラス以下の大学を志願する層とでは、志望系統の傾向が大きく分かれます。駿台の模擬試験の結果からは、経済・経営・商学系が、景気低迷によって全般に人気が落ちていることが分かります。しかし、東京大学の文科二類や一橋大学の経済学部を志望する人は増えている。彼ら彼女らが大学を卒業するのは4年後の2025年。その頃にはコロナが経済に悪影響を及ぼすことはないだろうと、自らの判断で見通しているのでしょう。ところが中堅クラス以下の大学志願者は、保護者のサジェスチョンもあってか、今の社会情勢から判断して経済・経営・商学系を見送る人が多くみられます。

また、どちらの層からも敬遠されているのがグローバル系です。コロナ禍の影響で海外留学ができる状況ではないことが最大の要因で、受験生が魅力を感じないのもうなずける気がします。

2021年度入試、受験生はこう動く

法学系は地方公務員への関心から人気回復の予感が

上位校志願者を除けば、総じて文科系学部の人気は下降していますが、そんな中で人気が回復すると思われるのが法学系です。東京大学の文科一類の志願者は大きく減りそうですが、これは最近の不祥事による国家公務員への失望感からでしょう。ただ、京都大学の法学部や一橋大学の法学部を志願する人は増えています。回復の理由は地方公務員、特に財政基盤が強い東京都や東京23区、あるいは政令指定都市の公務員になりたいと考える人が増えているからだと考えます。

文科系の不人気要因は、コロナ禍によるビジネス社会の変化

とはいえ、なぜ文科系に人気がないのでしょうか。最大の理由は、今回のコロナ禍で文科系職業が厳しい状況に置かれてしまったからです。リモートワークが広くビジネス社会に浸透し、作業の機械化はさらに進むはずです。流れについていけない企業はビジネスの舞台から取り残されてしまうかもしれません。私は今後、コロナ禍をきっかけに物事の考え方の全面的な転換があると思っています。消えてしまう仕事も出てくるでしょう。厳しいことを言いましたが、だからといって文科系学部の存在意義がなくなることは決してありません。物事の見方や考え方が変われば、新しい職業やビジネスは次々と生まれてくるでしょうし、その期待に応える文科系の新たな学びがあると思うからです。

文科系の不人気要因は、コロナ禍によるビジネス社会の変化

理学・工学系は大都市圏の中堅私立大学が志願者を増やしそう

理学・工学系は志願者が増えそうです。過去にも“景気が悪くなると理科系”という傾向がありますが、特にICT分野やデータサイエンス分野は人気を集めそうです。受験生たちも高校のリモート授業などでICTに触れる機会が多くなりましたし、保護者もテレワークなどで情報機器を目にしたり使うようになったりしています。中でも大都市圏の私立大学理科系は志願者が増えそうです。大学入学共通テスト(以下、共通テスト)は初めての実施ですし、国語や英語が苦手な人にとっては負担が重いからです。人気になりそうなのは、首都圏では芝浦工業大学、東京電機大学、工学院大学、千葉工業大学、神奈川工科大学、東京工科大学など。関西圏では「関関同立」のほか近畿大学あたりです。

また、2021年度入試では農学系の人気が復活しそうです。次の10年間に必ず注目されるのが食糧問題だからです。

駿台教育研究所進学情報事業部長 石原賢一氏

一定数の志願者がいる医学部。薬学部は新薬開発で注目

メディカル系をみてみましょう。医学部は志願者数の推移だけをみると人気が低落しているように見えますが、同一学年内の医学部志望者の比率は大して変わってはいません。ただ、現役高校生の数は減少する一方なのに対して、大学側が入学定員を増やしているため、現役生が合格しやすい状況が生まれている。難関と言われ続けてきた医学部ですが、必ずしもそうとは言い切れなくなっています。

また、上位層で薬学部を志願する人が増えています。特に研究系の薬学部(4年制)で、京都大学の薬学部や九州大学の薬学部、東京大学の理科二類が増えています。これは、新薬開発が望まれる新型コロナウイルスの影響があるのでしょう。ところが中堅私立大学の薬学部は振るいません。

こうしたことから、医学部受験を諦めて薬学部や歯学部に流れるという人が減り、メディカル系全体としては志願者数が伸び悩んでいますが、決して人気がないわけではありません。医学部も入学定員を減らせば浪人が増えるので志願倍率は高くなるはずです。医学部の臨時定員増は2021年度で終わりでしたが、今のコロナ禍の影響もあって、2022年度以降も継続するのではないかと私は思っています。