大学トップが語るトップからのメッセージ

関西学院大学

『激動の世界を生きる力と大学改革』

関西学院大学 学長 村田 治 関西学院大学 学長 村田 治

関西学院は、アメリカ人宣教師W.R.ランバス博士によって1889年に「キリスト教主義に基づく全人教育」を目指して創立され、130年の歴史の中で多文化が共生する、自由で国際性豊かな大学として、世界で活躍できる優秀な学生を数多く輩出してきました。

世界は大きな転換期を迎えようとしています。世界市場の誕生とグローバル化、ICT化による情報革命、そしてAIの発達による職業や経済状況の激変など、この激動の世界を生きていかねばなりません。その中で、本学は平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択され「TOP GLOBAL UNIVERSITY」を目指し大規模な教育改革をしています。国連・国際機関との取組みを強化し、2017年度「国連外交コース・国連外交プログラム」を開講しています。「ダブルチャレンジ制度」では、所属学部や主専攻の学びに加えて、異なるものに挑戦する3つのプログラムを用意します。インターナショナルプログラムでは、協定校数日本一をめざし、交換留学等を大幅に充実させています(海外留学者数実績2018年度1,962名←2013年度895名)。副専攻プログラムでは、日本初となる2学部を卒業するマルチプル・ディグリー制度をはじめとする制度が整っています。また2017年度より、ハンズオン・ラーニングセンターを開設し、キャンパスを出て実社会における課題発見型の学びとして、1年生から取組めるハンズオン・ラーニングプログラムを展開しています。これらの改革は、激動の世界を生きるため、主体性をもち、タフで、かつ多様性を理解し人々と協働できる力につながるものです。本学は、今後もスクールモットーである「Mastery for Service(奉仕のための練達)」を体現する世界市民の育成に邁進してまいります。

問い合わせ
〒662-8501 兵庫県西宮市上ケ原一番町1-155
関西学院大学 高大接続センター TEL.0798-54-6135
https://www.kwansei.ac.jp
  • 学校概要
  • パンフをもらう
※2019年6月1日現在の情報です。