大学トップが語るトップからのメッセージ

立命館大学

「世界が語る学園」をめざして

立命館大学 立命館総長・立命館大学長 仲谷 善雄 立命館大学 立命館総長・立命館大学長 仲谷 善雄

予想や予測という言葉が立ち向かえない程の劇的な変化が、世界中で起きています。「知・Knowledge」のあり方が大きく変化しつつある今、求められるのは、変化の中から新たな意味を見出せる感性と、それを支える豊かな感動体験の蓄積です。喜び、感動する体験を提供するとともに、そこから新しいかたちの知を探り、創りあげ、そして社会へ届け、後世に伝え、人類に貢献する、立命館はそのような存在でありたいと考えています。 

本学には全国そして世界から3万6千人の個性豊かな学生が集います。国や地域の枠をこえ、ともに学びあう環境に加え、各キャンパスで最新の技術や研究成果を実感できる取り組みを展開し、「わくわく」するような光景をお見せしたいと考えています。 

2018年にはびわこ・くさつキャンパス(BKC)に「食マネジメント学部」を、また衣笠キャンパスの国際関係学部にジョイント・ディグリー方式の「アメリカン大学・立命館大学国際連携学科」を開設しました。そして本年には、大阪いばらきキャンパス(OIC)において、世界有数の研究大学であるオーストラリア国立大学(ANU)との連携により、日本で初めてとなるデュアル・ディグリー・プログラムを全面的に組み込んだ「グローバル教養学部」を開設しました。16学部の特色ある学びとともに、多様な留学プログラムなど、学生のみなさんの「学びたいこと」「チャレンジしたいこと」を多方面から支援しています。 

不確実な時代であるからこそ、自由な挑戦が、未来を切り拓きます。これからも「世界の中で語られる学園、世界が語る学園」をめざし、画期的、個性的な教育・研究に取り組んでまいります。立命館の挑戦に、今後もご期待ください。

問い合わせ
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
入学センター TEL.075-465-8351
https://ritsnet.ritsumei.jp
  • 学校概要
  • パンフをもらう
※2019年6月1日現在の情報です。