大学トップが語るトップからのメッセージ

東京工科大学

「実学主義」教育で未来を拓く

東京工科大学 学長 大山 恭弘 東京工科大学 学長 大山 恭弘

本学は、1986年の開学以来『実学主義』教育を柱に掲げ、教育・研究環境の整備に努めて参りました。単科大学としてのスタートから30年あまりで、工学部、コンピュータサイエンス学部、メディア学部、応用生物学部、デザイン学部、医療保健学部と大学院を擁する理工系総合大学へと進化し、2021年4月には、医療保健学部を一部改組し、新たに言語聴覚学専攻を加えたリハビリテーション学科[言語聴覚学専攻/理学療法学専攻/作業療法学専攻]を新設します(申請中)。

「実学主義」教育では、実践的な専門分野の知識や技術とその基礎・原理原則を身に付けるとともに、国際的な教養や豊かな人間性を養うことにより、社会の変化に柔軟に対応して活躍できる適応力を育んでいます。本学ではICT教育に力を入れ、1999年よりノートPCを用いた授業を開始しました。現在では全学部ノートPC必携で、教育・学修支援を実現するプラットフォーム「Moodle」を導入しています。このコロナ禍においても、構築した学修環境は遠隔授業の取り組みに大いに役立てられています。

また、先端的研究では、循環型生物資源を用いたCO2削減に貢献できるプラスチックの開発や、産学官連携での航空機等に活用される革新的工業材料の開発を行っています。さらに人工知能(AI)研究会を設置し、ICT分野だけでなく、デザインや医療、バイオ分野まで幅広くAI研究を推進しており、これらの研究成果を社会に還元するとともに教育活動に反映し、持続可能な新しい社会を拓いていきます。一方、工学部から導入を始めた「コーオプ教育」では、学生が長期間の就業体験を有給で行い、学んだ知識、技術の意義と課題を発見し、実践力の向上と就業力の強化を図っています。

2021年度入試においては、引き続き「奨学生入試」を実施します。合格者に返還義務のない奨学金130万円を最長4年間支給し、未来に挑戦するみなさんを応援します。本学は今後も優れた人材を育成するため、さらなる進化を続けて参ります。

問い合わせ
〒192-0982 東京都八王子市片倉町1404-1
東京工科大学 広報課 TEL.0120-444-903(フリーダイヤル)
https://www.teu.ac.jp/
  • 学校概要
  • パンフをもらう
※2020年6月1日現在の情報です。