大学トップが語るトップからのメッセージ

早稲田大学

世界屈指の大学になる決意と覚悟

早稲田大学 総長 田中 愛治 早稲田大学 総長 田中 愛治

早稲田大学を「世界で輝くWASEDA」にする―世界屈指の大学へと、本学がさらなる進化を遂げるには、2012年に策定された「Waseda Vision 150」を次のステージへと進めることが重要です。その考えのもと、本学の新たなグランドデザインとして、「研究の早稲田」「教育の早稲田」「貢献の早稲田」の3つを掲げました。これらは、建学の理念である三大教旨に合致し、創設者・大隈重信の精神を継承するものです。本学の学部教育では特に「基盤教育」に力を入れています。所属する学部を問わず、①英語での発信力②日本語の論理的な文章作成能力③数学的な思考力④統計学の知識⑤情報科学の知識の5つを修得することができます。他にも、専攻する分野以外の考え方などを学ぶことによって培われる、物事の本質を見極める洞察力を養う「教養教育」も充実させていきます。フィールドワークやアクティブ・ラーニングを導入した教育などの整備も進め、リーダーシップの育成にも努めています。 

また、本学での学びを通して、「たくましい知性」と「しなやかな感性」を身につけてほしいと考えています。「たくましい知性」とは、答えのない問題に挑み、自分の頭で考え抜く力です。現代社会の問題の多くには、答えがありません。こうした難問に対し、自分なりの仮説を立て解決案を提示し、それを裏付ける根拠を示す。うまくいかなければ原因を探り、仮説を立て直す。そうした知性を、学部での専門教育や、先に挙げた基盤教育を通して磨ける環境が本学にはあります。二つめの「しなやかな感性」は、異なる国籍や言語、宗教、文化、価値観などを持つ人々に敬意を持って接し、理解する感性です。7,900人を超える外国人学生が学び、年間約4,600人の学生を海外に送り出す本学は、この感性を養うのに最適な環境です。日本一の水準を誇る国際性豊かなキャンパスで、さまざまな国籍の学生や教職員と日常的に交流し、多様性を考え、認めて受け入れる経験を積み重ねてほしいと思います。「たくましい知性」と「しなやかな感性」を糧に、世界や地域が直面する答えのない課題にも果敢に挑む人材を、本学は送り出していきます。

問い合わせ
〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1
早稲田大学入学センター TEL.03-3203-4331
https://www.waseda.jp
  • 学校概要
  • オープンキャンパス情報
  • パンフをもらう
※2019年6月1日現在の情報です。