大学トップが語るトップからのメッセージ

上智大学

社会の展望力を備え、自身のデザインを

上智大学 学長 曄道 佳明 上智大学 学長 曄道 佳明

社会の変革と新しい時代の到来は、個人にも組織にも学び続ける力を備えることを要請しています。大学教育もこの変化に対応し、新しい挑戦を続けていかなければなりません。学部教育の4年間は、学び続ける40〜50年のわずか1/10に過ぎず、時代を生きる力の基盤を如何に自己の中に構成するかが問われます。 

上智大学は、約80カ国からの留学生が集い、70カ国にもおよぶ学びの場を提供しています。私たちはその総称として「グローバルキャンパス」を標榜しています。まさに世界に学び、世界で学ぶ環境が整えられているのです。一方、現代社会が向き合う様々な課題に対しては、学際的、複合的、多角的アプローチによる解決が求められます。総合大学として全ての学部が「ワンキャンパス」にそろう学術的多様性がこの学びを可能とします。 

日進月歩でIoTやAIが社会に取り込まれていく中で、Society5.0の表現に代表されるデータ社会、また複雑化するグローバル社会を生き抜く基盤とは何か。それは、多様性社会の中で他者からの信頼を得る基盤と言い換えることができるでしょう。その基盤となる力とは、他者に寄り添う豊かな人間性、創造力の源泉となる教養、そして思考の軸となる専門性を併せ持ち、言語力や交渉力を運用して自分自身を発揮する力に他なりません。そしてそれは、学生としてだけでなく、社会人としても常に追い求めるべき力であろうと思います。 

上智大学は、教育精神である「他者のために、他者とともに」のマインドを有し、新時代を先導するリーダーの育成を使命として、学び続ける基盤力をしっかりと養成する教育に邁進します。

問い合わせ
〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1
上智大学 入学センター TEL.03-3238-3167
www.sophia.ac.jp
  • 学校概要
  • パンフをもらう
※2019年6月1日現在の情報です。