大学トップが語るトップからのメッセージ

武蔵大学

世界を生き抜く力を磨く「ゼミの武蔵」

武蔵大学 学長 山㟢 哲哉 武蔵大学 学長 山㟢 哲哉

武蔵大学は、政財界で活躍し、「鉄道王」と呼ばれた根津嘉一郎(初代)が1922年に創立した七年制の旧制武蔵高等学校をルーツとしています。建学の理想の一つである「自ら調べ自ら考える力ある人物」を育成する学びの場として4年間必修の「ゼミ」を、創立時より重視してきました。 

武蔵のゼミは学生が主役であり、学生同士が学びあい、議論と対話を通じて物事の本質を見極め、追究することに重きを置いています。背景や価値観の異なる仲間と課題に取り組むことで多様な視点を身につけ、自らの考えを聞き手に伝える力も養われます。このようなゼミの伝統を継承し積み重ねてきたことから、「ゼミの武蔵」として広く知られています。

また、海外への留学や研修制度の充実を図るとともに、学内外で異文化体験や外国語学習ができる環境を整えています。近年では、各学部の特色を生かしたグローバル教育にも力を注いでいます。 

経済学部生を対象とした「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム」は、ロンドン大学の授業を武蔵大学で受講し、全ての試験に合格すれば両大学の学士号を取得できる日本初の取り組みです。さらに、人文学部に高度な語学力と異文化理解力を養う「グローバル・スタディーズコース(GSC)」を、社会学部に新時代の世界共通語である「データ」と「英語」両方のスキルを磨く「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」を開設し、全学部でのグローバル教育を推進しています。

教育目標の一つである「実践」には「世界に思いをめぐらし身近な場所で実践する」という意味が込められています。武蔵大学は、伝統のゼミ教育や独自のグローバル教育を通じて、全ての学生が多文化共生や他者理解の視点を持ち、国際化する社会で「グローバル市民」として活躍できるよう取り組んでまいります。

問い合わせ
〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
入試課 TEL.03-5984-3715
https://www.musashi.ac.jp/
  • 学校概要
  • オープンキャンパス情報
  • パンフをもらう
※2019年6月1日現在の情報です。