大学トップが語るトップからのメッセージ

専修大学

教育改革推進で学びの力を強化

専修大学 学長 佐々木 重人 専修大学 学長 佐々木 重人

専修大学は1880年、米国の大学・大学院で法律学や経済学を学んだ4人の若者により設立されました。身につけた専門知識を生かし、近代日本の発展に貢献する人材を育成することによって、留学の機会を与えてもらった社会の恩に報いようと考えたのです。21世紀の今、本学は、創立者たちの建学の精神を「社会知性の開発をめざす大学」として受け継いでいます。それは、学部・大学院で身につけた専門知識や技能を自分だけのものとして完結するのではなく、広く社会の発展のために活用し、諸課題の解決のために役立てる姿勢を有すべきことを意味しています。

2020年に創立140周年を迎える本学は、この節目の年に向けて、建学の精神に基づいた「社会知性の開発」を一つのビジョンとし、さまざまな改革に取り組んでいます。

今年度は、独創的な経営発想を育む経営学部ビジネスデザイン学科と、倫理観を醸成しつつスポーツ分野にもアプローチを広げる文学部ジャーナリズム学科を開設しました。

2020年度には、神田キャンパスにシンボルとなる地上16階建ての新校舎が誕生。現校舎と新校舎の融合を図り、魅力のある学習環境を整備します。また、国際コミュニケーション学部を新設。さらに、経済学部を再編し、現代経済学科、生活環境経済学科、国際経済学科の3学科体制とします。そして、商学部は生田キャンパスから神田キャンパスに全面移転し、ビジネス教育の拠点となります。

また、本学は地方出身者にとっても志願しやすい大学となるよう、積極的に全国31の自治体と就職支援協定を結んでいます。UターンやIターンで地方に就職したり、海外へと躍進したりする卒業生も多数おります。

本学では次世代を担う皆さんに、自らが生きる社会に貢献できる志を持つ人になってほしいと考えています。自分が興味を持った学問分野を究め、技能を高めることにより、社会が抱える多様な問題を解決に導くことができます。わたしたちは、そんな皆さんをサポートしていくとともに、教育改革を進め、「社会知性の開発」の実現をめざしてまいります。

問い合わせ
【神田キャンパス】〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
入学センターインフォメーション TEL.03-3265-6677
www.senshu-u.ac.jp/
  • 学校概要
  • パンフをもらう
※2019年6月1日現在の情報です。