• 大学

私立 /東京都

成蹊大学

せいけいだいがく

オープンキャンパスの会員評価
4.3

雰囲気     : 4.5
イベントの内容 : 4.1
スタッフの対応 : 4.4
施設設備    : 4.4
おススメ度   : 4.3
オーキャンレポを見る(86件)

デジタルパンフ

大学案内2020

「教養ある豊かな人間性」で時代をひらく

  • 〒180-8633 東京都武蔵野市吉祥寺北町3-3-1
    入試センター
    TEL:0422-37-3533 / FAX:0422-37-3864

就職情報

就職基本データ【2019年3月 卒業生】

卒業者数1,765名
就職者数/就職希望者数1,524名/1,535名
就職率99.3%
進学者数120名
留学者数2名
主な就職先一覧【2019年3月卒業生】

みずほフィナンシャルグループ、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、三菱UFJ信託銀行、野村證券、SMBC日興証券、三井住友海上火災保険、損害保険ジャパン日本興亜、日本生命保険、住友商事、丸紅、キリンホールディングス、森永製菓、ヤクルト本社、ライオン、小林製薬、久光製薬、大日本印刷、大成建設、三菱重工業、京セラ、日立製作所、本田技研工業、三菱電機、セガゲームス、トヨタ自動車、日産自動車、全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、東海旅客鉄道(JR東海)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ソフトバンク、東日本電信電話(NTT東日本)、読売新聞東京本社、みずほ情報総研、三井情報、三菱総研DCS、厚生労働省、国土交通省、防衛省、総務省、警視庁、国税庁、裁判所事務官(総合職・一般職)、福島県庁、埼玉県庁、東京特別区(I類)など

●将来像を早期に具体化し学びに展開させる

成蹊大学のキャリア教育は、「自分はどういう人間で、何を学びたいと望んでいるのか」「社会環境はどう変化しようとしているのか」を探究し、将来を見据えた行動計画を立てる能力と、それを実践する強さを育むことを一番の目的としています。その実現のために基盤としているのは、1年次から始まる全学部学科の学生を対象とした「キャリア教育科目」です。「自ら考え、行動する」ことが求められる授業が多数展開されるカリキュラムを通して、学生は、調査力、論理的思考力、傾聴力、自己発信力などを身につけていくことができます。また、企業や地域・行政と協力しながら調査・研究を行う活動を取り入れた、実社会と接する機会も数多く用意しています。その一環として、複数の企業からの協力を得て実施する、産学連携による新しいかたちの人材育成プログラム「丸の内ビジネス研修(MBT: Marunouchi Business Training)」を行っています。

●個別相談による徹底したキャリア支援

成蹊大学では、個別相談によるキャリア支援を基本としています。学生一人ひとりと向き合い、学生が納得した進路を選択できるように支援しています。個別相談は、1年次からのキャリア相談と3年次後期からの就職相談をそれぞれ展開しています。

1.キャリア相談
1年次から、将来に対する不安や、進路のこと、また留学や資格取得など幅広い内容の相談を受け付けています。本学の特徴は、1年次からのキャリア教育を背景として相談に訪れる学生が多いことです。3年次はインターンシップに関する相談が多く、エントリーシートに関する相談や面接対策に重点が置かれ、学生一人ひとりに丁寧に対応しています。

2.就職相談
3年次後期から、求人・企業紹介、就職活動全般に関する相談を受け付けています。学部別に担当者を配置していることが特長です。学生一人ひとりから継続して担当者が相談を受けることで、学生の人柄や、就職の目標などの状況を把握し、個々に対応したアドバイスや企業紹介を行っています。

●採用環境の変化に即応するタイムリーな就職活動支援

企業側、就職情報会社等の情報を収集・分析し、その年度に即した支援講座を開講しています。

進路・就職ガイダンス
社会人としての心構えを身につけ、万全な就職活動を行うために、今年度の就職状況、来年度の見通し、就職活動への準備やキャリア支援センターの利用案内などを行います。

就職活動体験報告会
公務員や各業界の企業に内定した4年次の学生たちから、直接、具体的な就職活動の経験を聞くことにより、就職に対する視野を広げることができます。

業界研究セミナー
業界・職種研究のためには幅広い情報の収集が必須です。各業界・企業の繋がりを知り、また研究方法を理解することで、学生の視野や進路の選択を広げることを目的とします。

就職試験対策
多くの企業で採用されている筆記試験の模擬テストや、SPI試験対策講座を実施しています。自身の能力を見極め、弱点を確認できるとともに、就職活動本番に備えたものとなります。

模擬面接
模擬面接を体験することで、自分の課題(内容、伝え方、マナー等)を認識します。また面接の目的や質問の意図を理解することで、自分の働く上での強みや課題を認識します。

模擬グループディスカッション
グループディスカッションを体験するとともに、採用側の視点にも立つことで自分を客観視します。また、学生の様々な価値観に触れることを目的としています。

就職活動マナー講座
11月の基礎編では、社会人としてのマナーや第一印象の重要性を知り、2月の実践編ではロールプレイングをすることで、話し方や所作など自信をもって、面接に臨めることを目標としています。

●インターンシップ

実社会での就業体験を通じて仕事への理解を深める
インターンシップは、企業や官公庁などで就業経験を積むことができるプログラムです。主に3年次の夏期休業期間を利用し、1〜2週間程度の期間で行います。実務経験を通じて興味がある分野についての理解が深まるだけでなく、新しい分野に目を向けるきっかけにもなります。就職活動に向け、自己を見直す経験としても有意義なプログラムです。またインターンシップの参加が、授業の単位として認定されるものもあるほか、関連科目や、準備セミナーを開講しているため、安心してプログラムに取り組むことができます。

●企業とタイアップ「丸の内ビジネス研修」

成蹊大学では3年次生及び大学院1年次生を対象とした、「丸の内ビジネス研修(MBT: Marunouchi Business Training)」を実施。
産学連携の人材育成プログラムにより、学生を大きく飛躍させます。

【特徴】
●幅広い業界の有名企業とのタイアップにより実現した画期的な産学連携の人材育成プログラム
●丸の内を舞台に成蹊サテライトオフィスでの課題研修やイベントホールでの最終成果発表など臨場感あふれるプログラム
●学内準備研修を含む、およそ7ヶ月にわたる本格的な人材育成プログラム

この学校を見た人が見たほかの学校

東海大学

文理融合型の総合力を身につけた人材を育成します

明星大学

教育の明星大学

共栄大学

「少人数」×「現場主義」ビジネスや教育の現場の最前線で学ぶ4年間

武蔵大学

ゼミの武蔵 ―ゼミで磨く 世界を生き抜く力―

明治学院大学

他者への貢献を教育理念にグローバル社会で活躍できる人材を育成

法政大学

「自由を生き抜く実践知」の育成を目指して

この学校と似た学校を検索

最近チェックした学校

成蹊大学

「教養ある豊かな人間性」で時代をひらく