• 大学

私立 /東京都

武蔵大学

むさしだいがく

オープンキャンパスの会員評価
4.2

雰囲気     : 4.4
イベントの内容 : 4.0
スタッフの対応 : 4.4
施設設備    : 4.1
おススメ度   : 4.1
オーキャンレポを見る(48件)

PickUp

デジタルパンフ

大学案内2020

ゼミの武蔵 ―ゼミで磨く 世界を生き抜く力―

  • 〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1
    入試課
    TEL:03-5984-3715 / FAX:03-5984-3874

学部・学科情報

“グローバル市民”を育む「ゼミの武蔵」

本学の特長は、1年次から4年間全ての学生が必修の充実したゼミ教育にあります。十数名の少人数で開講されるゼミは毎年400以上。ゼミでは特定のテーマについて発表・ディスカッションを繰り返しながら学び、学生は教員や仲間との対話を通じて物事の本質を見極め追究していきます。また、国際化への対応として学力や興味に合わせて外国語学習や異文化体験ができる環境を推進。多文化共生、他者理解の視点を備えた「グローバル市民の育成」に力を注いでいます。
経済学部では「ロンドン大学と武蔵大学とのパラレル・ディグリー・プログラム」を実施。日本にいながらロンドン大学の学位も取得できるプログラムで、国内では類を見ないような取り組みです。また、人文学部では「グローバル・スタディーズコース(GSC)」を、社会学部では「グローバル・データサイエンスコース(GDS)」を開設。全学でグローバル教育の環境を整えています。

ゼミ風景

「武蔵のゼミ」5つの特長

「武蔵のゼミ」5つの特長
1.【1年次からスタート】入学後すぐにゼミがスタート。ゼミを通じて友達もでき、先生からも丁寧な指導が受けられます。
2.【全員が履修できる】大規模大学とは異なり、武蔵大学では全学生がゼミを履修。4年間のゼミで興味を広げ、学びを深めていきます。
3.【打ち込める環境】ゼミ活動に使える専用ルームがあり、研究費用の支援もあります。
4.【社会を学べる】企業からの課題の解決、国内外でのフィールドワーク、他大学との合同ゼミなど、学外での活動を通して社会を学べる場があります。
5.【発表の場がある】全学部にゼミの垣根を越えて研究成果を発表する場があります。聴衆にわかりやすく伝える力が試されます。

ゼミ風景

異文化コミュニケーション力を磨く、多彩なプログラム

■外国語や異文化を楽しみながら学べる国際村「Musashi Communication Village(MCV)」は、英語を公用語とし、海外留学に近い体験ができます。常駐する外国人スタッフとのフリートークや少人数英会話レッスン、外国語学習カウンセリングや異文化イベントを通じ、外国の習慣や文化を体験できます。
■テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)との連携により、武蔵大学で学びながらTUJの授業を受ける、または1学期〜1年の間の国内留学が可能です(授業はすべて英語。追加の授業料は不要)。夏季休暇中にはTUJの授業が体験できる5日間の「English Summer School」も実施。

MCV

この学校を見た人が見たほかの学校

成蹊大学

「教養ある豊かな人間性」で時代をひらく

帝京平成大学

一人ひとりの学びたいに応える実学

西武文理大学

ホテル・ブライダル・観光・経営・経済・福祉・スポーツ・看護

群馬医療福祉大学

福祉・教育・心理・子ども・看護・リハビリを総合的に学べる。

東京富士大学

実務IQ宣言

崇城大学

夢をチカラにする崇城大学。THE POWER TO DREAM=SOJO

この学校と似た学校を検索

最近チェックした学校

武蔵大学

ゼミの武蔵 ―ゼミで磨く 世界を生き抜く力―