1. TOP
  2. 関西
  3. 京都府
  4. 私立
  5. 同志社女子大学
大学 女子 私立 /京都府

同志社女子大学 どうししゃじょしだいがく

入試情報Examination

2021年度入試のポイント

同志社女子大学では2021年度から、一般入試と共通テスト利用入試を「一般選抜」に、AO入試と推薦入試を「総合型選抜」に、指定校推薦入試を「学校推薦型選抜」に設定します。入試スケジュールや選考方法などの大きな変更点はありません。

AO方式入学者選抜

同志社女子大学を専願とし、学部・学科・専攻ごとに提示する「自己アピールできる活動分野」を持ち、それが第三者に説明・説得できる能力を有している方を対象とします。
第I項と第II項があり、第I項では、上記に加え、高校生活の中での宗教(キリスト教)活動等を要件としています。
<審査方法>
第一次審査:書類選考
「エントリーカード」「志望理由書」「課題レポート」「調査書またはそれに代わるもの」を、複数の審査員が総合的に評価します。
第二次審査:個人面接(30分間)
第一次審査合格者に対し、複数の審査員による個人面接を実施し、総合的に評価します。

推薦入試S

推薦入試Sが、公募制推薦入試です。2教科マークシート方式を採用しています。
「午前」と「午後」の2出願や、他大学との併願も可能です。適性検査時間が異なれば、同じ学科・異なる学科のいずれの組み合わせでも出願することができます。選考は、書類審査および適性検査で行われます。出願時において調査書の学習成績状況の条件はありません。

一般入試

一般入試は全教科マークシート方式を採用しています。
前期は試験日自由選択制により、最大4出願、
後期は試験時間自由選択制により、午前と午後の2出願が可能です。
また前期・後期ともに共通テスト利用入試との併願も可能であり、複数出願する場合は入学検定料併願割引を利用できます。
試験日(前期):1月26日(水)〜1月29日(金)
試験日(後期):3月9日(火)〈午前/午後〉

共通テスト利用入試は自己採点後の出願が可能

共通テスト受験後に出願期間の締切を設定しているため、自己採点後の出願が可能です。
出願期間:1月4日(月)〜1月29日(金)
試験日:1月16日(土)・1月17日(日)
なお、本学独自の個別学力試験等は課しません。

英語に関する資格やスコアを活用できる

英語の民間試験の資格・スコアを活用できます。学芸学部国際教養学科の受験者で、本学が指定する資格・スコア等を証明する書類を出願時に提出した者については、共通テストにおける「外国語(英語)」の点数をみなし得点(満点の9割)に換算でき、共通テストの得点との高い方を採用します。
なお、リーディングとリスニングの配点については本学独自の比率に換算して使用します。100点満点の場合(リーディング80点:リスニング20点)

この学校を見た人が見たほかの学校

最近チェックした学校