専門学校・スクールなどの学びの分野を知ろう

栄養・調理・製菓系栄養・調理・製菓系→栄養・調理分野

栄養士は栄養学や食品加工学など食と健康に関することを学び、調理師は和洋中主体の調理技術などを習得。

この分野を学べる専門学校などを探す

動画でチェック

どんな学科がある?

栄養科、管理栄養学科、栄養士科、栄養士養成科、管理栄養士科、調理科、調理高度技術科、高度調理技術学調理技術経営学科、フードコーディネート専攻科など

どんな学問?

食と健康に関わる栄養士、食文化を盛り上げる調理師を養成する。

■栄養士系
栄養学や食品加工学などを中心に習得する。

■調理師系
日本料理、西洋料理、中国料理を主体に調理技術を習得する。カリキュラム編成は、調理の基本を学ぶパターンとさらに経営学、接客サービスなど将来の独立開業を想定した科目も含めて学ぶパターンに大別される。

どんなことが勉強できる?

■栄養士科
食品学、栄養学、栄養指導論、解剖生理学、調理学、食品衛生学、食生活論、臨床栄養学、公衆栄養学、食品加工学、生化学、食料経済、給食管理、運動生理学などが必修科目。さらに一般教育科目、外国語科目、保健体育科目などを履修する。食品加工学実習、調理学実習、生化学実験、栄養指導論実習など演習・実験科目も豊富。

■調理師科
1年制の場合、調理実習、調理理論、食品衛生学、公衆衛生学、栄養学、食品学、衛生法規、食文化概論などの科目を履修する。全体の約3分の1は調理実習にあてられる。
2年制の場合には、上記に加えてサービス論、フードマネジメント、レストラン経営、マーケティング論、情報処理、外国語、経済学、商業簿記、美術など多彩な分野を学ぶ。

あなたの周りの栄養・調理分野

オリンピックレベルの選手やプロスポーツ選手の競技力向上に欠かせないのが、食事を通じての体調管理だ。そんな彼らを支えるのが、スポーツ栄養士と呼ばれる人々。実は最近、人気急上昇中の職業だ。スポーツ栄養士に共通しているのは、栄養士資格とスポーツが好きなこと。自ら選手にアプローチしてというケースもあるようだが、大半はコーチの勧めがきっかけで栄養士から食事のアドバイスを受け始めるようだ。。

この分野を学べる専門学校などを探す