大学・短期大学の学問を知ろう

理学系理学系→化学

物質の構造や性質、物質間の変換過程について分子レベルで理解し、その成果をさまざまな技術に応用する力を身につける。

この学問を学べる大学・短期大学を探す

動画でチェック

どんな学科がある?

化学科、ナノ化学科、バイオサイエンス学科、環境化学科など

どんな学問?

広範な現象や物質の構造・性質、物質間の変化・反応について、分子や分子集合体のレベルで理解するという科学的な手法で研究。その成果をさまざまな技術に応用していく。無機物質について研究する無機化学、有機化合物について研究する有機化学、原子・分子レベルで物質の構造を研究する物理化学、分析科学などの分野がある。

どんなことが勉強できる?

無機化学、有機化学、物理化学、分析科学、合成化学など基礎的分野を中心に学ぶ。最近では、専門分野の細分化や、生物化学や生命分子化学など境界領域に対応するケースも増えている。医薬品、セラミックス、液晶など、生命や新物質に関わる、あるいは環境に配慮した物質の研究も盛ん。いずれも講義だけでなく、演習や実験を重視するのも特長。4年次には各自が希望する研究室に所属し、卒業研究に努める。

あなたの周りの化学

「みそ」と言えば、大豆と穀物に水と塩を入れ発酵させた日本古来の発酵食品。その味や香り、色などの品質を左右するのが、みそを発酵させる菌の動きだ。こうじ菌や酵母菌、乳酸菌などの菌を発酵させる温度や期間、水分と塩分の比率などによって大きく変わってくる。製造手順は、まず製品の味を決め、次に工場での試作を行う。そして、製品出荷となる。ただし、菌とのつきあいが出荷後も続くのが、みそならではの特徴といえる。

この学問を学べる大学・短期大学を探す